ゆったりWRAP

記事一覧(18)

一つの命が亡くなると……

皆さんこんにちは。もう場所によっては30℃以上になっていたり、関東地方もそろそろ梅雨入り間近となってきましたね。私事になりますが、5月31日に我が家族、イタリアングレーハウンドのラルゴが、14歳3ヶ月で旅立ちました。ワンコとはいえ、いろいろ世話をし、また逆に癒されて、ラルゴがいたから今の私を維持できているといっても過言でないと思います。亡くなってまだ1週間も経っていませんから、当然ですが喪失感というか虚脱感というか、そんな感覚があります。こうしてラルゴへの想いを打っているだけで、想いが込み上げてきます。クライシスという状態とは違います。なんというか…… う〜んただ私の最大最強の元気に役立つ道具のバイクには、これっぽっちも気持ちが向きません。まあ今の精神状態ではリスキーなのを分かっているからでしょう。では他に対応するプランがあるかというと見当たりません。かといって、自分ではどうしようもないから、誰かに助けてもらわなければならない状況でもありません。たくさん愛して、一緒に過ごした一つの大切な命を失うと、こんな感じになるんだなと感じています。唯一考えられる対応プランは、自然にゆったりと過ごすことしかないと思います。すぐに効果、結果を求めても、今回ばかりは無理です。いつ吹っ切れるか分かりませんが、焦らずに日々過ごしていこうと思います。たか

第5回定期クラスを終えて

皆さんこんにちは。昨日第5回定期クラスを終えました。今回は13名の方にお越しいただけました。誠にありがとうございます(^^)今回のテーマは『注意サインに気づき、対応するための行動プラン』と『調子が悪くなってきている時のサインに気づき、対応するための行動プラン』でした。中には対応プランが見つからなくて……という方がいらっしゃいましたが、他の参加者の皆さんから対応プランの提案があったりしました。私自身も抱えているものを出したところ、皆さんからいろいろな助言をいただき、充実した時間を過ごすことが出来ました。今回のテーマは、明らかに自覚できるものに対応するためのものでした。急激に感じたものばかりに目が行きがちですが、最初は大したことないと思っていたことでも、時間をかけて徐々に増幅してきているものは慣れもあり、なかなか気付かずに過ごしてしまっているものです。そういうことに対して早めに察知して、このような場で対応プランを作る大切さに気付きました。様々なSNSなどで打ち明けることもいいかと思います。しかし更に心の中をスッキリと軽くするには、やはり生での会話には敵いません。体調や都合などで、なかなかそういう場に出るのが難しいこともあるかと思います。勇気が必要とも思います。もしそこから一歩踏み出すことが出来たのならば、生のコミュニケーションを通じて、いま悩んでいることや抱えていることの対応プランを、みんなで考えていきましょう(^^)これからもよろしくお願いいたします。たか